×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
信州上田の旅と歴史
上田・真田の旅        上田市真田

松尾城跡
まつおじょうあと
長野県上田市真田町長(おさ)
 松尾城は松尾古城とか角間の城とも呼ばれたそうです。角間渓谷入り口にあります。狭い尾根にあたり兵を動かすには狭いようです。
 諜報に熱心だった真田氏の物見とも、四阿山に奥の院があった山家神社に関連した宗教的な施設があったとも考えられているそうです。
 この松尾城への登り口に日向畑遺跡ががあります。
松尾城跡



日向畑遺跡
ひなたばたいせき
上田市真田町長(おさ)
 日向畑遺跡は小規模の史跡です。昭和46年に発掘調査が実施されたそうです。石造宝篋印塔が6基、石造五輪塔が11基出土したそうです。
 ほかにも鉄器、古銭、土器、石器、火葬骨なども出てきたそうです。出土した石塔群の形から見て、室町時代から戦国時代にかけての物と見られているそうです。
 武田信虎・村上義清・諏訪頼重連合軍が侵攻した際に幸隆らは上州吾妻へと落ち延びました。戦いの習いで新しい支配者は前の領主の墓を壊したそうです。ですから幸隆以前の真田氏の墳墓と考えられるのです。



信州上田トップページ

信州長野トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置