×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
信州上田の旅と歴史
上田市内の旅         上田市

信州大学繊維学部
しんしゅうだいがくせんいがくぶ
長野県上田市常田3-15-1
 信州大学繊維学部は上田市にあり、7つの学科からなっています。前身である上田蚕糸専門学校は明治44年(1911)4月に開校しました。
 全国唯一の官立蚕糸専門学校として、養蚕・製糸に関する研究と、指導者育成のための高等教育施設でした。「上田紬」で有名な上田市は「蚕都上田」と称され蚕糸産業の中心地でした。
 国の登録有形文化財に登録された繊維学部の講堂は昭和4年(1929)に完成したそうです。洋風の木造2階建てで、三角の張り出し窓を付け、天井は中央吹き抜け部分を折上格天井になっています。
信大講堂
 建築様式は木造ゴシック系の建物ですが、時計回り、三角張り出し窓、入口の持ち送りなどの意匠には、直線による構成で機能性や合理性を重視した様式です。
 繊維学部は現在では我が国に2つしかない貴重な学部となっています。未来に通ずる最先端技術に対応できる、 最も新しい学部にもなっているのです。



信州上田トップページ

信州長野トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置