×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
信州上田の旅と歴史
旧上田市内散策旅       上田市

小林一茶ゆかりの寺
向源寺
こうげんじ
上田市常磐城
 西講山「向源寺」は浄土真宗のお寺です。門前には矢出沢川が流れ向源寺橋も架かっています。
向源寺橋
 向源寺は浄空が開基となり、上田原の地に開創されたそうです。寛永3年(1626)現在の場所に再建されたようです。そこにはもともと同寺の支坊があったそうです。
向源寺山門
 永録9年(1566)武田信玄は、上田原の地にあったこの寺に陣を取ることを禁じた朱印状を出しています。この朱印状は市指定文化財となっています。
向源寺本堂
 俳人・小林一茶は江戸に赴く前の数年間をこの寺で過ごしたそうです。第14世の換沼氏は学問の長である寮司(りょうす)という立場にあったそうです。和歌もたしなんで一茶とは親交が深かったとようです。
向源寺太子殿
 一茶の手紙や柱かけが数多く残っているそうです。
向源寺本堂



信州上田トップページ

信州長野トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置